私は視力がいいので眼科に通ったことなどありませんでした。

しかし、仕事場で流行性結膜炎が流行り私もなってしまいました。その時、大人になって初めて眼科に行くことになりました。

どんなことをされるのかとドキドキしましたが、先生は少し見ただけですぐに病名が分かったようですぐに処方箋を書いてくれました。

その時、眼科に通ったことがないというと先生が「じゃあ、少し目を見てみましょう」と言われて機械の上に顎を乗せて両目を見てもらいました。

診断の結果は軽い白内障でした。私は、それまで白内障と言うのはどちらかというとお年寄りがなる病気だと思っていました。

ですが、最近では40代でもなる方がいらっしゃるそうです。その時私は、34歳だったのですが本当に驚きました。

結膜炎の目薬と白内障の目薬の2種類をもらい、また1ヶ月後に再診になりました。結膜炎の方はすぐに治り、治癒証明をもらいましたが私は白内障の方がショックで気になっていました。

一ヶ月後にもう一度目を見てもらった時は白内障は進行していないということだったので、目薬を続けて年に一度診察をしています。

私の白内障は手術が必要になるものではありませんでしたが、若いうちから用心した方がいいことが分かりました。

数年前から、目の前をホコリが泳いでいるんですよ。

最初はホコリが入ったのかなーみたいに軽く思ってたんですが、

いつまでも取れない。

ある日会社で「ホコリが取れないんですよねー」と話をした所、

それ「飛蚊症じゃないの?」

え!?「飛蚊症」って何?

そんな言葉も知りませんでした。

別件で眼科にいって相談したら、「確定」

水晶体の汚れが原因だそうで、もう治らないらしい。

眼科の先生も「あまり酷くならなければそのまま様子を見ましょう」って、

通常の生活に問題は無いので、悪化しなければ良いんですけどね

まだ若いんだからさ、老眼との関係とか、

この先心配な、白内障とか、緑内障とか説明してよー

嫁の父が失明してから他界しているのですが、

周りの方も想像以上に大変だったそうです。

どうしよう、とりあえず目を大切にしなくちゃいけませんよね。

PCやスマホを使う時は、ブルーライトをカットするメガネを着用。

晴れた日に外出する時はサングラス。

という位に徹底しないと目の健康を守ることができないかも。

でも、通勤時のサングラスって結構目立つんですよね。

皆さん暖かいまなざしで見て欲しいです

いつも土曜日に来る飲み屋の常連が来なくなった。

60代前半の女性。

店に聞いてみたら、網膜剥離で入院したとのこと。
もう元気そうなので、お見舞いに行って話をした。

怖いなと思ったのは、急に症状が出たと言うこと。

花火大会が近所であったのを見ていたら、急に両側の視界が狭くなり
シャッターを降ろしたように見えなくなったとか。

知り合いの町医者に行ってみると、すぐに手術をした方がいいから
お見舞いに行った大学病院を紹介されたらしい。

見えなくなることの恐怖は計り知れない。
それまでの生活、仕事、全てが変わってしまう。

そして手術の様子。

今は診察台には自分で階段を昇って上がり、横になる。
顔に目の所に穴があけられた布をかぶせられ麻酔だ。

自分で台に上がる訳だから、看護師が何人いて医師が何かしてるなんて丸見えだし
やたら手術室は寒い。

怖さで血圧が上がってしまい、なかなか麻酔が打てなかったそうだ。
麻酔をかけてから運んでくれないものだろうか。

麻酔も目の場合、部分麻酔になる。
「絶対に目を動かさないでください。」と言われて白目の部分に注射をする。
黒目の横に針が入るのが見えるらしい。

ああ、聞いただけで痛そう。貧血起こしそう。

手術が終わっても、ベッドでは目の安静を保たなければいけない。

目に圧をかけない為に、顔の部分が丸く穴の開いたベッドにうつぶせに寝る。
マッサージをしてもらう、あのベッドみたいなやつだ。

寝返りも、ベッドに起きて座ることも禁止。
床しか見えない2週間。これはきつい。
座るのもダメなのだから、トイレへ歩いて一人で行くのもダメ。

今は元気に治ったが、白内障を起こしやすくなると言う。
パソコンで目を酷使する毎日。
大事にしたいものだ。

あなたの目は健康ですか?
定期的に目の検診、受けていますか?

1年に一回は目の検診を受けてくださいね!

私の体験からいわせてもらうと、目を酷使した後に涙が出る方、
目をつぶると目がシミル方は、要注意かもしれません。

私の場合、その症状により眼科で緑内障と診断されました。
緑内障とは徐々に視野が狭くなり最悪の場合、
失明する恐れもあります。

私の場合、主治医の先生から、
「60歳で失明するか、70歳で失明するか分かりませんが、がんばりましょう」と
励まされ?ました。(^_^.)

現在1年に1回、視野検査及び眼底検査そして、
目薬の投与も毎晩しています。

以前は2種類の目薬を毎朝、毎晩使用していましたが、今使用しているのは、
2種類の成分が一つになったものを毎晩使っています。

緑内障になり年配の患者さんが分厚い眼鏡をかけているのを見ると、
私も「あのようになるのかなぁ・・」とすこし落ち込みます(-.-)

けれど、眼圧さえ上がらなければ失明することはない(個人的見解)と思いますし、
運が良ければ失明せずに人生を送ることもできると思うので、
深く考えずに生活いたしましょう。

10年後に治療薬が完成しているかもしれませんし・・。

40代になったらとりあえず、目の健康も考えましょう。

私は34歳の時に白内障になりました。

最初は、視界の中に白い点が見えて、目に汚れがついているのかなと思うくらいでした。
でも目をこすっても白い点は消えません。

あれ? と思いましたが、家の中に入ると気にならないので、そのまま放置していました。

気になるのは外の日差しの中だけ。

日差しといえば、もうひとつ気になったのは日差しが眩しく感じられた事でした。

正常な目が光を調節をするフィルターをつけている状態だとしたら、そのフィルターが取り除かれた感じです。

とても光が眩しくて、そして白い点が常に見えて、おかしいなと思って眼科医に行きました。

まずは町の小さな眼科医に行きそこで白内障と診断されたのですが、手術は専門の病院しかできないと言われました。

一度白内障になったら進行を遅らせるぐらいしか手立てはなく、最終的には手術しか治す方法はないとの事でした。

専門の病院に行くと、まだ若いので3ヶ月ごとに検査をして白内障が進行しきったところで手術をしましょうと言われました。

手術は結局1年後にしましたが、最終的には白い煙越しに物を見ている状態で、目の前にいる人の顔も見えませんでした。

昔なら失明していた病気というのが理解できました。

中学生のころからかれこれ20年。飛蚊症に悩まされています。

中学生の当時、突然視界に黒い虫みたいなものが見え大ショックを受けました。

親にも言えず、このまま失明するんじゃないかと戦々恐々として過ごす日々でした。

高校生になって、コンタクトにするために行った病院で、飛蚊症に関するパンフレットを見つけました。

ふと手に取ってみてみると、私が悩まされている症状と全くいっしょです。この際先生に相談してみることにしました。

診断の結果は「生理的飛蚊症」。

目の酷使や老化によって、硝子体の一部が変化して固まってしまうのが原因との事。

とりあえず心配はないって診断でしたから、中学以来の心配事が解決されました。

歳をとるごとに飛蚊症がひどくなっています。

時折眼科で診察してもらいますが、まだ今の所生理的なもので済んでいます。

これと言った治療法が無いって話ですから、上手く付き合っていかないといけないのですけど、とにかくモヤモヤして気持ち悪いので、何とか治療法の確立をお願いしたいです。

使い捨てのコンタクトレンズを、気がつけば15年以上に渡り使用しているのですが、今の今までトラブルらしいものはほとんどありませんでした。

しかし最近になって生活環境が変わり、ちょっと手入れが乱雑になった感も否めません。

数週間前から左目の調子が悪く、コンタクトが非常に汚れるようになりました。

二週間使い捨てを使用していたので、タンパク汚れが貯まると白く濁ったりすることがあるので、すぐに新しいものと交換し、その時はなんとか凌いだのですが、次の日、コンタクトレンズをしていないのに左目の視界が白く濁っていました。

これはやばいなと思いつつ、用事があったのでお出かけをし、夜になる戸が左目が開かないくらいの激痛が・・・・

左目を開けようとすると激しい痛みが押し寄せてくるので、必然的に右目を開けるのも辛くなります。そのうち右目まで痛み出し、結局一晩で両目が開かなくなってしまいました・・・

パニックを起こし、家族が慌てて夜間病院などに連絡を取ってくれましたが、眼科医が夜中に当直しているはずもなく、激痛のまま眼科が開くのを待ち、家族に両手を引かれて病院に行くと、原因はコンタクトレンズによる細菌繁殖でした。

良く眼科に行くと、コンタクトレンズの手入れを怠るとこんなことになるんですよ!と写真が貼ってありますが、まさにそれです・・

もうちょっとで失明だったと脅され、本気で凹み反省しました・・・

あれからワンデイコンタクトに変え、今のところトラブルはないですが、目の痛みはもう二度とごめんです・・・

目の病気というと、なかなか小さい子供には見られない病気のような
イメージがあるのですが、意外と小さい子供にも多いのが「結膜炎」です。

私は眼科の前の薬局に勤めていますので、毎日、目の病気で
多くの患者様がいらっしゃいます。

そんな中、1歳とか2歳の子供が目やまぶたを真っ赤にしてやって来ます。

尋ねてみると、結膜炎だと言うことが多いです。

アレルギー性の結膜炎、細菌性の結膜炎の2種類が多いようです。

なぜそんなに小さな子供が結膜炎になってしまうのだろうと、
いつも不思議に思っています。

あるお母さんに聞いてみたところ、砂場で遊んだ汚い手で
目をこすってしまった、という話でした。

その話を聞いて、「なるほど!」と納得しました。

子供は、普段砂場で遊んだり、床を触った汚い手で
そのまま目を触ってしまったりします。

「汚い」の意味がわかりませんし、触ってはいけないと伝えたとしても
、それを聞き入れてはくれません。

日々の生活や遊びから、知らず知らずのうちにばい菌やアレルゲンを
取り込んでしまうのでしょうね。

目やまぶたを真っ赤にしている小さな子供を見ると、
本当にかわいそうで、「早くこの薬をつけて治してね」と思います。

目薬をつけるのが大変だと、苦労しているお母様がいらっしゃいますが、

なんとか頑張って目薬をつけて、子供の病気を早く治して欲しいですね。

目の角膜に真菌が侵入してしまう目の病気を「角膜真菌症」と言います。

真菌とはカビとのことで、目が傷つくことにより侵入してしまうことで発症してしまう病気です。

しかしこの病気はかかりにくい目の病気でもありますが、かかってしまうとなかなか治りにくいという厄介な病気だったりもします。

発症してしまう原因のひとつにコンタクトの使用があります。

コンタクトを使用方法をきちんと守っている限りは問題はありませんが、間違った使用をしてしまったことで、角膜が傷つき目の痛みや白目がひどく充血したり、また視力低下に繋がる恐れがあります。

点眼や内服、点滴などで治療を行いますが、発症してしまうと治りにくいのが特徴なため治るまで時間がかかります。

また症状が重症になってしまうと、角膜移植の手術が費用となることもあるので、コンタクトを使用する場合は、使用方法をきちんと守りましょう。

処方箋を発行してもらうのに眼下などでの目の検査もきちんと受けることが大切です。

目の状態は変化しますし、何か病気をもっていた場合、コンタクトを使用し続けると悪化することもあるので注意しましょう。

私は元々ドライアイなのですが、コンタクトレンズを使用する様になってからドライアイが悪化する様になりました。カラーコンタクトをしていた時期はとくに乾燥が酷かったです。

ある日仕事をしていると、夕方から目の痒みが気になり始めました。

いつもより乾燥も気になっていたので鏡を見に行くと、目が真っ赤に充血していました。

あまりの痒さに思わず目を掻いてしまったのですが、翌朝目を見てみると目の端に見た事のない大きな水たまりが出来ていて、目の端からはみ出そうに膨れ上がっていました。

あまりの気持ち悪さにショックを受け、すぐに眼科を受診しました。

結果は結膜浮腫という目の病気でした。

これはアレルギー性の物で、ドライアイの人に多いそうです。

痒くて掻いてしまうとその刺激で目に水分が溜まるそうで、点眼液をさしていれば良くなるとの事で、早く治って欲しいので処方された点眼液を欠かさず点眼していました。

あんなに大きく膨れていた水分はすっかりおさまり、元の健康的な目に戻りました。目の病気は身近なものだと実感しました。