目の角膜に真菌が侵入してしまう目の病気を「角膜真菌症」と言います。

真菌とはカビとのことで、目が傷つくことにより侵入してしまうことで発症してしまう病気です。

しかしこの病気はかかりにくい目の病気でもありますが、かかってしまうとなかなか治りにくいという厄介な病気だったりもします。

発症してしまう原因のひとつにコンタクトの使用があります。

コンタクトを使用方法をきちんと守っている限りは問題はありませんが、間違った使用をしてしまったことで、角膜が傷つき目の痛みや白目がひどく充血したり、また視力低下に繋がる恐れがあります。

点眼や内服、点滴などで治療を行いますが、発症してしまうと治りにくいのが特徴なため治るまで時間がかかります。

また症状が重症になってしまうと、角膜移植の手術が費用となることもあるので、コンタクトを使用する場合は、使用方法をきちんと守りましょう。

処方箋を発行してもらうのに眼下などでの目の検査もきちんと受けることが大切です。

目の状態は変化しますし、何か病気をもっていた場合、コンタクトを使用し続けると悪化することもあるので注意しましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。